大切な人へ贈る婚約指輪!知っておきたい婚約指輪の基本と後悔しない選び方

このサイトは大切な人へ贈る婚約指輪探しに役立つ情報をご紹介しています。
知っておきたいエンゲージリングの基本と、後悔しない選び方にも触れているサイトです。
婚約の証となる指輪のダイアモンドについての知っておくべき事も解説しています。
さらにはエンゲージリングのデザインを決める際の注意点も紹介しています。
大切な指輪の購入をするときには慎重に選ぶのがおすすめですが、これから指輪選びをする場合にはきっと参考になるでしょう。

大切な人へ贈る婚約指輪!知っておきたい婚約指輪の基本と後悔しない選び方

婚約をした相手へ記念になるエンゲージリングを贈ろうと考えている人もいるのではないでしょうか。
婚約指輪は基本的に男性から女性に贈るもので、ダイヤモンドが使われているプラチナやゴールドのものが人気です。
既製品でも基本的に注文して購入するのが特徴で、出来上がりまでには日数がかかります。
既製品のほか、セミオーダーメイドやオーダーメイドの婚約指輪も人気です。
特にセミオーダー手が届きやすい価格で、拘りを反映出来るのが魅力です。

婚約指輪と結婚指輪の違いについて

結婚指輪、婚約指輪の大きな違いの一つに使われ方のシーンが全く違うので、それぞれにオススメの形状と材質が異なります。
婚約指輪のリングを選ぶ際にオススメのポイントは、宝石に合う素材を選ぶ、という点です。
リングの金属として高価なプラチナやゴールドはダイヤモンドに合う定番素材とされています。
また、非日常的な華やかな形状や、多くの宝石を散りばめた豪華なデザインも視野に入れると良いでしょう。
思い切ってカラット数の大きな宝石を起用するのも婚約指輪でしかできない見せ方なのかもしれません。
自分たちの思い出に残る点も考慮し、納得のいくものを選ぶと良いでしょう。
それに対し、結婚指輪は日常的に身に着けるものです。
ここが大きく婚約指輪とは異なる点のため、結婚指輪は変形しにくい材質と形状を選ぶことが大切です。
ここで問題になるのがベースの金属なのですが、プラチナやゴールドは純度が高いほど柔らかく、それぞれ他の金属を混ぜて強度を高めた合金を選ぶのがベターです。
しかし、金属には硬いと傷つきやすく、柔らかいと傷つきにくいという傾向もあり、一概に変形しにくいものが傷つきにくく、美しい状態を保てるということではないので注意が必要です。
さらに、宝石を多用したデザインの場合は宝石を欠損をする場合が非常に多いので、これらの事も考慮すると日常的に使う結婚指輪はできるだけシンプルでスマートなデザインが向いているのかもしれません。

婚約指輪にはどのような意味があるのか

婚約指輪は、「結婚してください」とプロポーズするときに男性が女性に贈る指輪でエンゲージリングとも呼ばれいます。
エンゲージとはエンゲージメントのことで「約束・契約」という意味です。
婚約指輪は古代ローマの婚約の儀式で贈られるようになったのが始まりで、永遠に途切れない円の形をしていて尚且つ壊れることのない鉄の輪でできたものを贈り愛の絆の証にしたのです。
現在では、男性の愛情や決意を表すものとして贈るのが一般的です。
婚約指輪の意味は、婚約は入籍と違って法的なルールがないので、婚約だけではまだ夫婦と認められず苗字を変えることも出来ません。
ただの本人同士の口約束になってしまいますので、そこで婚約の証として指輪を贈り相手に安心感を与え、周りの人にも婚約を周知してもらえるという意味で婚約指輪を贈るというのが定着しています。
また、左手の薬指に付けるのも意味があり、かつてエジプトでは女性の左手薬指には心臓に繋がる太い血管が通っているとされており、「心臓ー心」と繋がるということで左手薬指に指輪を付ける習慣が今も続いています。
意味が分かるとますますロマンティックに感じます。

婚約指輪を購入する際に知っておきたい価格相場

パートナーと結婚が決まったりプロポーズをしたりする際、婚約指輪を用意します。
一般的に婚約指輪の価格相場は給料3か月分と言われていますが、実際のところ最も多いのが20万から30万で38.1%の人が、次いで30万から40万円未満が26.9%となっており、平均すると29.5万円ほどとなります。
年代的には30代、40代の人の方が40万円以上するものを購入することが多く、収入によって価格帯も異なっていることがわかりました。
そのため給料の3か月分もの金額が相場と予算ではなく、平均しても30万円前後が一番多いのが判明しています。
婚約指輪の場合、素材と宝石、デザインによって価格が異なっています。
ブランドでも値段は違っており、有名ブランドの方がシンプルなデザインであっても高めです。
ですがその時は良いと思っていても年齢を重ねる上で似合わなくなるブランドもあるので、慎重に選ばなくてはなりません。
価格に左右されず使い勝手の良いデザインのものを選ぶと良いでしょう。

婚約指輪を選ぶ際に考えておくべき事

婚約指輪を選択する時、色々と考えておかないといけない部分があるため、すぐに購入するのはよくないです。
まずは費用面で無理なく支払いを行える金額なのかチェックすることが必要です。
あまりにも高額な婚約指輪は無理して購入する分、経済的な負担が起こりやすいので、その点をしっかりと考えなくてはいけません。
またサイズも重要になっており、人によってどのくらいの指サイズなのか違ってきます。
それに合わせて婚約指輪のサイズを調整しないといけないため、慎重に購入しなくてはいけない部分です。
永年着けるものとして考えている人は、使用している貴金属にも注目することが重要です。
特に金属アレルギーを持っている人は、アレルギー症状が発生しない貴金属を選択しないと快適につけることができません。
このように婚約指輪を購入もしくは選択する際、色々な部分をチェックすることで納得できるものを選べるようになるので、じっくりと考えなくてはいけないです。

婚約指輪に関する情報サイト
婚約指輪のお役立ち情報

このサイトは大切な人へ贈る婚約指輪探しに役立つ情報をご紹介しています。知っておきたいエンゲージリングの基本と、後悔しない選び方にも触れているサイトです。婚約の証となる指輪のダイアモンドについての知っておくべき事も解説しています。さらにはエンゲージリングのデザインを決める際の注意点も紹介しています。大切な指輪の購入をするときには慎重に選ぶのがおすすめですが、これから指輪選びをする場合にはきっと参考になるでしょう。

Search